*

ニキビ跡ができる理由

ニキビ跡とは

ニキビ跡とはニキビができた後に赤みがシミのように残ってしまったり、皮膚の色素が浅黒く沈着してしまったり、肌の表面がクレーターのような状態になってしまうことです。

これらニキビ跡は治すのに時間がかかりがちであり、またケアを怠ってしまうと一生残ってしまいがちなのでニキビに悩む人にとって最大の悩みの種となっています。

ニキビ跡ができる理由はニキビを潰したりひっかいて傷つけることで悪化し、そのまま残ってしまうケースが一番多いです。

いわば傷跡の上にできるかさぶたを無理矢理剥がそうとするとより一層傷跡が残ってしまうのと同じ原理です。

そのため、過度な刺激を与えず適切かつ迅速な治療をすることがニキビ跡の治療には必要だということです。

ニキビからニキビ跡へ

ニキビを放置していたり、いたずらに傷つけてしまうとニキビ跡ができてしまいます。

特に「黄ニキビ」と「赤ニキビ」はニキビ跡になりやすいです。

黄ニキビは症状がかなり進行してしまった末期のにきびのことで、にきびが炎症を起こし肌にクリーム状の膿が溜まって膨れ上がった状態です。

この状態は肌の奥底にある真皮が傷ついている状態であるため、肌のターンオーバーが正常に行われません。

そのため、ニキビが収まったとしても肌の生まれ変わりができないので結果としてニキビ跡ができてしまうのです。

付け加えるならば真皮が傷ついている状態というのは凸凹のクレーター状のニキビ跡ができやすい状態です。

凸凹クレーター状のニキビ跡は最も治療が困難なので発症するまでに未然に防ぐことが大事です。

黄ニキビはできてしまうと既に手遅れなので、常日頃のスキンケアをしっかりとおこなうことでできないように努めることが重要です、

赤ニキビは皮脂が過剰に分泌していることにより毛穴が詰まっている状態にできます。

これはニキビとニキビ跡の元であるアクネ菌が爆発的に増殖しやすくなっている状態だということです。

皮脂を除去せずにアクネ菌の増殖が一定を超えると毛穴の壁を破ってしまいニキビ跡になってしまいます。

そのため肌が炎症し赤ニキビができはじめたら早めのスキンケアを心掛けることが重要です。

このとき重要なのはニキビを潰すことで治療することです。

これはかえってニキビの症状を悪化させるだけでなく、肌の真皮をも傷つける行為なので絶対に控えましょう。

関連記事

生活を見直してニキビ対策をしよう

毎日の生活からニキビ・ニキビ跡を予防する ニキビ・ニキビ跡の治療法は数多くありますが、いずれも時間

記事を読む

ニキビの種類

ニキビはタイプによって危険度が変わってくる ニキビ跡の原因となるニキビには【白ニキビ】【黒ニキ

記事を読む

ラ・ミューテ化粧品って本当にニキビ跡に効くの? 効果と口コミ情報まとめ

高級美容成分でうるおいニキビケア 高級美容成分を多く使っている【ラ・

ビーグレンの効果が怪しい?!実際の利用者の口コミ情報を調べてみたよ

科学の力でニキビ跡治療 最新のサイエンスコスメである【ビーグレン

リプロスキンの効果は怪しい?!実際に使った人の口コミ・感想をチェック

業界初の柔軟化粧水・リプロスキン ブースタータイプの柔軟化粧水【リプ

赤みのあるニキビ跡

一番最初の段階のニキビ跡 【肌が赤みを帯びるタイプのニキビ跡】は一番

色素が沈着したニキビ跡

ニキビ跡のせいで肌の色が変わる? 【肌が紫もしくは茶色に色素沈着する

→もっと見る

PAGE TOP ↑