*

赤みのあるニキビ跡

公開日: : 最終更新日:2017/02/03 ニキビ跡の種類 ,

一番最初の段階のニキビ跡

【肌が赤みを帯びるタイプのニキビ跡】は一番初期段階のニキビ跡で、そのせいか最も症状が軽いです。

そのため、多くの人から放置され気味ですがしっかりと対処をしないと悪化する可能性は大きいので早めの治療を心掛けるようにしましょう。

肌が赤みを帯びるタイプのニキビ跡が放置されがちな理由は、この状態ならまだ化粧でカバーできますし、なによりニキビ肌と見分けがつかないからすぐに治すことができるという慢心を抱かれやすいからです。

しかし、放置しておくと色素が沈着するタイプのニキビ跡や凸凹のクレーター状のニキビ跡へと悪化してしまう可能性があります。
これはケアを怠ることで肌の表層だけでなく真皮まで傷ついてしまうからです。

赤みのあるニキビ跡は初期症状なだけあって治療の効果もすぐに出ます。

そのため、悪化を防ぐ意味合いもこめてできるだけ早めに治療するようにしましょう。

肌の鬱血が原因

この赤みのあるニキビ跡の主な原因は【肌の毛細血管が鬱血すること】です。

ニキビ肌の炎症はその部分の真皮が傷つき、毛細血管が傷つき破裂していることがほとんどです。

また、皮膚に傷ができた場合、毛細血管が豊富に形成され皮膚を再生させますが、ニキビ跡の赤みもこの時の傷を治そうとする毛細血管の生成・拡張によってできることがあります。

つまり、血管が傷つくことだけではなく、修復しようとするはたらきでもこのニキビ跡は生じてしまうということであり、防ぐためには肌にダメージを与えないことが必要不可欠なのです。

このように毛細血管が赤みのあるニキビ跡を左右していると言っても過言ではありません。

余談ですが赤みのあるニキビ跡があるときにスクラブ入りの洗顔料を使うのは控えるようにしょう。

なぜなら、必要以上に肌を刺激してしまい、結果としてニキビ肌の毛細血管を傷つけてしまう可能性が高いからです。

赤みをおびたニキビ跡を作らないためには普段のスキンケアを見直すことが第一です。

もし万が一できてしまったのなら肌に優しい化粧水や美容液、クリーム状の洗顔料でケアするようにしましょう。

関連記事

色素が沈着したニキビ跡

ニキビ跡のせいで肌の色が変わる? 【肌が紫もしくは茶色に色素沈着するタイプのニキビ跡】は多くの場合

記事を読む

クレーターのような凸凹ニキビ跡

最も有名かつ悪質なニキビ跡 【凸凹のクレーター状の跡ができるタイプのニキビ跡】は最も有名なニキビ跡

記事を読む

ラ・ミューテ化粧品って本当にニキビ跡に効くの? 効果と口コミ情報まとめ

高級美容成分でうるおいニキビケア 高級美容成分を多く使っている【ラ・

ビーグレンの効果が怪しい?!実際の利用者の口コミ情報を調べてみたよ

科学の力でニキビ跡治療 最新のサイエンスコスメである【ビーグレン

リプロスキンの効果は怪しい?!実際に使った人の口コミ・感想をチェック

業界初の柔軟化粧水・リプロスキン ブースタータイプの柔軟化粧水【リプ

赤みのあるニキビ跡

一番最初の段階のニキビ跡 【肌が赤みを帯びるタイプのニキビ跡】は一番

色素が沈着したニキビ跡

ニキビ跡のせいで肌の色が変わる? 【肌が紫もしくは茶色に色素沈着する

→もっと見る

PAGE TOP ↑