*

色素が沈着したニキビ跡

公開日: : ニキビ跡の種類 ,

ニキビ跡のせいで肌の色が変わる?

【肌が紫もしくは茶色に色素沈着するタイプのニキビ跡】は多くの場合、シミと見なされることが多いですが、さわり心地が普通のシミとは違うのですぐに分かります。

この色素が沈着するタイプのニキビ跡はシミと思って放置しておくと症状がどんどんひどくなっていくので早めに対処することが必要です。

最悪の場合、凸凹のクレーター状のニキビ跡になってしまうことさえもあり得ます。

このタイプのニキビ跡は沈着した色が茶色か紫色かによって原因や治療が変わってくるので、もしできてしまった場合には、原因を調べたり治療にとりかかる前にまずは症状がどういったものか見極めることが必要です。

茶色の色素沈着をしていた場合には早急に治療する必要があります。

症状によって沈着度合いが変わる

色素沈着タイプのニキビ跡の色によって、ニキビ跡ができた原因は変わるのでチェックすることが欠かせません。

沈着した肌の色が紫色の場合

紫色の色素沈着が見られる場合、それはニキビが炎症を起こした際に毛穴周辺の毛細血管が破裂することによって血が滲み出た状態です。

血液は凝固すると紫色になるので、色素が紫色の沈着するのです。

この色素沈着するタイプのニキビ跡は、いわば赤みができるタイプのニキビ跡の発展形と言うこともできます。(毛細血管の活発化・回復→毛細血管の破裂)

沈着した肌の色が茶色の場合

茶色の色素沈着が見られる場合、それは紫外線の影響によって肌の色が一部分だけ変色した状態です。

ニキビが炎症する際に分泌される活性酸素によってメラニンという物質が生成されます。

メラニンとは黒色や茶褐色の色素のことであり、普段は体内に蓄積される物質ですが、許容範囲を超えることで肌の表面に顕在化してしまうのです。

この肌表面に出てきた状態が茶色の色素沈着タイプのニキビ跡になるのです。

紫外線対策としてUVカットを怠っているとメラニンの生成は促進されるので気を付ける必要があります。

関連記事

クレーターのような凸凹ニキビ跡

最も有名かつ悪質なニキビ跡 【凸凹のクレーター状の跡ができるタイプのニキビ跡】は最も有名なニキビ跡

記事を読む

赤みのあるニキビ跡

一番最初の段階のニキビ跡 【肌が赤みを帯びるタイプのニキビ跡】は一番初期段階のニキビ跡で、そのせい

記事を読む

ラ・ミューテ化粧品って本当にニキビ跡に効くの? 効果と口コミ情報まとめ

高級美容成分でうるおいニキビケア 高級美容成分を多く使っている【ラ・

ビーグレンの効果が怪しい?!実際の利用者の口コミ情報を調べてみたよ

科学の力でニキビ跡治療 最新のサイエンスコスメである【ビーグレン

リプロスキンの効果は怪しい?!実際に使った人の口コミ・感想をチェック

業界初の柔軟化粧水・リプロスキン ブースタータイプの柔軟化粧水【リプ

赤みのあるニキビ跡

一番最初の段階のニキビ跡 【肌が赤みを帯びるタイプのニキビ跡】は一番

色素が沈着したニキビ跡

ニキビ跡のせいで肌の色が変わる? 【肌が紫もしくは茶色に色素沈着する

→もっと見る

PAGE TOP ↑